松下幸之助が2週間に1回は散髪に行っていた理由とは?

松下幸之助が2週間に1回は散髪に行っていた理由とは?

小学校を4年生で中退するも一代でパナソニック(旧:松下電器)築き上げた松下幸之助。そんな彼の髪型に関するなるほどなエピソードをご紹介。

散髪屋に叱られる

松下幸之助は身の回りについて興味がなく、ネクタイや洋服は貰い物で身を装っていた。

そんなある時、散髪屋の米倉さんにこんなことを言われた。

あんたは、自分の顔を粗末にしている。けど、それは商品を粗末にしているのと同じやと。会社を代表するあんたが、こんなことでは商品も売れません。あきません。

出典 | 東洋経済ONLINE

その理容師の米倉さんの言葉に感銘を受けた松下幸之助は

なるほどと感じ入った幸之助は、これをきっかけに、忙しい仕事のあいまをぬって、2週間に1回は散髪に行くことにしたといいます。

出典 | 松下幸之助.com

 

松下幸之助の髪型

松下幸之助の髪型

経営書で見かける写真はおでこをだした七三ヘアーです。

 

松下幸之助の髪型

若かりし頃は坊主頭です

 

松下幸之助の髪型

この頃はオールバックでかっこいい髪型です

 

松下幸之助が2週間に1回は散髪に行っていた理由はいかがでしたか?

会社の看板を背負う代表の方は余分な意思決定を少なくするために、同じ洋服を5日分用意して同じ洋服を着るという話があります。髪型も同じようにこまめに整えるというの納得です。

関連記事

ページ上部へ戻る