1980年代に流行ったテクノカットの現在とは?

1980年代に流行ったテクノカットがおしゃれ

1980年代に不良の髪型の象徴であったロングヘアを変えたテクノカット。現在はどんな風に取り込まれているのか調べてみました。

テクノカットとは?

もみあげを鋭角にそり、襟足を刈り上げた髪型です。

Y.M.Oのテクノカット

1979年に、本多三記夫の考案によるヘアスタイル。YMO(Yellow Magic Orchestra)がしていたことから「テクノカット」と、呼ばれ、一世を風靡した。その数年後、チェッカーズがしていた「チェッカーズカット」も本多によるもの。テクノカットよりも前髪部分が長く、ふぞろいにしたスタイル。その後(一時)、男性アイドルなどの定番的スタイルとなる。

出典 Wikipedia

 

現在のテクノカットを見てみよう

【銀座ANTERET】リアルお客様スタイルvol.58

ベリーショートスタイルに合います

 

☆Marianaアツシ☆メンズ外国人風テクノカット

七三で外国人風との相性もバッチリ

 

【2015SS】mode vibes

ショートボブスタイルのテクノカット

 

芸人春日のテクノカット

イケメン芸人のオードリー春日さん

 

1980年代に流行ったテクノカットはいかがでしたか?

テクノカットの角度を地面と平行ではなく緩やかにすることで、今風のテクノカットに早変わりします。音楽とTVというメディアに乗って不良の髪型の象徴となり、さらに髪型をまねる人が加速する。当時の仕組みも面白いです。

関連記事

ページ上部へ戻る